住居に侵入する害獣は駆除依頼しよう│害獣バスターズ

コウモリを駆除する

コウモリの群れがもたらす被害

駆除の作業員

民家に住み着いているコウモリをアブラコウモリ、又はイエコウモリといいます。アブラコウモリの大きさは6cm程で体重も約10gととても小さく、2cm程の隙間があれば家屋に侵入する事ができます。侵入したアブラコウモリは民家の天井裏だけでなく、戸袋や換気扇等に住み着きます。アブラコウモリは群れで行動する為に、住み着いた場所にはたくさんの糞が溜まり悪臭がします。その上、溜まった糞にダニやノミが発生し、非常に不衛生な状態になってしまいます。糞は乾燥すると舞い上がって飛散し、人間に健康被害をもたらします。コウモリは1度住み着くと、他に移住することなく住み続ける場合が多いといわれていて、被害も拡大していく恐れがあります。

コウモリ駆除する方法

アブラコウモリは昆虫をエサおり、特に人間にとって害虫である蛾やユスリカ等を食べることから益獣として扱われています。益獣であるアブラコウモリは鳥獣保護法で保護されていて、コウモリ駆除をする場合は都道府県や市町村に許可を得てからになります。アブラコウモリが外に飛び出した夕方か、忌避剤で逃げ出した時に、侵入口を塞ぎます。アブラコウモリはかなり狭い隙間でも侵入してくる為、隙間なくしっかりと侵入口を塞ぐ必要があります。7月と8月はアブラコウモリの繁殖期に当たり、追い出すことが一層難しくなります。追い出しが難しい時は、コウモリ駆除業者に相談する事をお勧めします。コウモリ駆除業者は、コウモリ駆除の他に、コウモリの侵入口を塞ぎ大量の糞の掃除や消毒をしてくれます。被害の拡大を防止する為にも早めのコウモリ駆除が必要です。